頼りになる藤和ハウスのサービスとは|不動の人気を誇る業者

取引態様の違い

案内

仲介と貸主

川口市の賃貸物件は、基本的に不動産会社で貸室の賃貸借契約を交わすことで入居することができます。不動産情報サイトなどで川口市の賃貸物件を探していると、取引態様が「仲介」と「貸主」の二つあることが分かります。最も多いのが仲介です。仲介とは、不動産会社が賃貸物件の大家さんの代わりになって、入居者を募集している取引態様です。川口市の賃貸物件のほとんども、全国大手や地域密着の不動産会社が仲介しています。仲介で賃貸借契約が成立すると、仲介をしてくれた不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。仲介手数料は「家賃一か月分+消費税」が上限と決められています。仲介手数料の蘭に何も記載されていない場合は、だいたい上限いっぱいの仲介手数料が請求されます。稀に仲介手数料0.5%と記載されている物件もあります。この場合は仲介手数料が一か月分の家賃の半額という意味です。取引態様が貸主の賃貸物件は、賃貸の大家さんから直接借りることができます。この取引態様の場合は間に不動産会社が入らないので、賃貸借契約が成立しても仲介手数料が不要です。初期費用節約ができて、場合によってやそのほかの礼金・敷金などの費用の融通が利くこともあります。貸主が直接入居者を募集している賃貸物件はそれほど多くなく、タイミングが悪いとまったくないこともあります。しかし、タイミングが良ければ川口市内で好立地で格安な賃貸物件を、手頃な費用で借りることができます。